BLOG

ラーメン構造と壁式構造のメリットとデメリット!耐震性やリフォーム・リノベーションについて

マンション購入にあたり、立地条件や間取りについて気にする人は多いことでしょう。

しかしマンションの構造まで気にして購入する人はなかなかいないものです。

近年では大地震が多発していることからマンションの耐震性については非常に重要です。

構造の部分も理解した上で、物件の検討をして頂ければと思います。

構造の種類とは?

マンションの構造を大きく分けると壁式構造とラーメン構造と呼ばれるものに分けられます。

耐震性だと、壁式構造が優れていますが、リフォームには不向きなどメリットとデメリットがあります。

これらの構造は大きく特徴が異なるため、それぞれの特徴やメリットとデメリットについてしっかりと把握しておくことが求められます。

購入時から将来のことも考えて、構造について考えることも大事です。

ラーメン構造とは?

まず最初にラーメン構造についてです。

ラーメンとはドイツ語で枠という意味を示しています。

つまり柱と梁という枠で建物を支えているということです。

近年の多くのマンションではこのラーメン構造が採用されています。

メリット・デメリット

ラーメン構造のメリットとしてあげられることは、柱と梁を太く大きくすることによって、大きな建物を建てられるということです。

室内空間を広く取ることができ、建物を枠で構成していることから、壁を自由に移動できるというのもメリットにあたるでしょう。

構造に影響がない専有部分の内部の壁を取り払うことができるため、間取りの変更やリフォームもしやすいといえます。

反対にデメリットとしては、室内に梁や柱が大きく主張することです。

その結果部屋の中には凸凹が生じることになりますが、場合によってはこの凸凹が解消される方法がとられているところもあります。

それはアウトフレーム工法と呼ばれるもので、外に柱や梁を出す方法です。

しかしその分ベランダが狭くなり、窓も小さくなるデメリットが生じるでしょう。

これらを解消したものもありますが、耐震性がやや劣り、建設費用も高くなるというデメリットがあります。

壁式構造とは?

一方で壁式構造と呼ばれるものは、マンションの壁で建物を支える構造です。

建物を支えている壁のことを構造壁や耐震壁などと呼んでいます。

メリット・デメリット

一方で壁式構造のメリットとしては、住居内に梁や柱が何もないということです。

マンションの壁で建物を支えることから、梁や柱を必要としません。

壁式構造は地震にも強く耐震性に優れているということも大きなメリットと言えるでしょう。

阪神大震災の際には一つも崩壊しなかったという実績を持っています。

また隣との壁に厚みがあるため、遮音性に優れていることも魅力といえます。

反対にデメリットとしては、原則として高さが15mまでの建物にしか使うことができません。

マンションでいえばおおよそ4階から5階建てが限度となるでしょう。

低層マンションだけに利用することができ近年では例外として9階建てまででも使えるようにもないましたが、まだまだ少ないのが現状です。

また、建物の躯体である壁で建物を支えることから、室内をコンクリートで仕切っている為、間取り変更の自由度が低いデメリットがあります。

リフォーム・リノベーション

マンションを購入したからと言ってそのマンションをずっと維持できるわけではなく、もしかすると今後リフォームやリノベーションが必要になるかもしれません。

そのようなことを考えたときに、耐震性や今後のリノベーション、リフォームなどのことを考えてマンションの構造について把握しておくことも大切です。

ラーメン構造のメリットでも述べましたが、リフォームに向いているのはラーメン構造のマンションになります。

壁式構造は、耐震性が優れていますが、マンションの躯体である壁で仕切っている為、間取り変更の自由度が低くなっています。

中古マンションを購入して、大々的なリノベーションを考えているのでしたら、ラーメン構造がオススメです。

間取り変更はしないで、水回りなどの変更のみでしたら、耐震性は優れているので壁式構造の選択肢もあると思います。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ここまで、ラーメン構造と壁式構造のメリットとデメリット、耐震性やリフォーム・リノベーションの向き不向きについてご紹介しました。

マンション購入時のポイントは色々ありますが、構造も非常に大事なポイントです。

それぞれのメリット・デメリットがありますので、理解した上で、ご自身にあった構造を検討してはいかがでしょうか。

仲介手数料最大無料・最低でも半額のお住まい探し

結エステートなら仲介手数料が「無料」または「半額」でお得に不動産売買が可能です!

物件を不動産会社の仲介で購入または売却するときには通常、物件価格の3%+6万円の仲介手数料が発生することを知っていますか?

数千万の金額で取引される不動産の売買では、どうしても仲介手数料も高額になりがちです。

更に仲介手数料は不動産を売却するときにもかかります!!

現在、お住まいを探している方・売却を検討している方はご相談ください。


実際にどれくらい安くなるのか・仲介手数料の仕組みは下記からご確認ください。

板橋区周辺のマンション売却はお任せください

当社は、お客様ファーストの考えでしっかりお話を伺い、お悩みを解決いたします。

売却の理由は、住み替えや相続、ローンでのお困りごとなど様々だと思います。

しっかりお話を伺った上で、満足していたいただけるように最適なご提案を致します。

すでに売却活動中の方やこれから売却を考えている方、まずはご相談ください。


詳しくは、売却専用HPをご確認ください。