BLOG

中古マンション購入時の火災保険は必要?火災保険の相場と節約するポイント!

中古マンションを購入したら、まず検討したいのが火災保険です。

中古マンションを購入した際に、ほとんどの場合は不動産会社や銀行から火災保険の加入をすすめられます。

しかし、「保険料も安くないし、本当に火災保険は必要なの?」と悩む方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は、中古マンション購入時の火災保険について解説します。

中古マンション購入時に火災保険は必要か?

実は、中古マンション購入時の火災保険は義務ではなく、絶対に必要というわけではありませんが、ご自分や家族を守るためには、必ず加入しておくべきだと言えます。

火災保険に加入しておかないと、万が一のリスクが大きいです。

そのリスクとは、

・補償金が出ないので修復できない
・住宅ローンは残るので、中古マンション修復のための新しいローンも借りられない
・賃貸に住むことになっても、賃料とローン返済の二重払い

などが挙げられます。

木造の戸建てと違って、中古マンションはコンクリート造りなので、家事や自然災害などを受けても建物そのものがなくなることは考えづらいです。

しかし、部屋の中の設備や家具などをすべて失うリスクはゼロではありません。

万が一のことが起こった場合、最低でもリフォームやリノベーションができるくらいの補償に加入しておかないと、住むところが失ったのに住宅ローンを払い続けるという最悪の状況になりかねません。

火災保険で補償される内容とは?

火災保険で補償されるのは、火災以外にもさまざまあります。

・火災、破裂、爆発
・自然災害(台風・落雷・風水害・雪災・雹災)
・地震
・漏水
・盗難
・機械設備、共用部分の設備等の損害
・施設の破損
・第三者及び居住者に対する損害賠償

火災保険の補償範囲をどこまで広げるかは、自由に組み合わせることは可能です。

火災保険を安く収めたいなら補償範囲を抑えたプランにしてもいいかもしれません。

また、どのような事故や災害が起こりやすいのか、想定してから補償範囲を決めるようにしましょう。

例えば、水害のリスクが高いエリアと低いエリアでは保険内容は変わってきます。

では、一般的に起こりやすい災害等の補償内容について、詳しく見ていきましょう。

火災、破裂、爆発、落雷

もっとも基本的な補償が火災、破裂、爆発、落雷の補償です。

ほとんどの火災保険会社の基本補償としてついています。

マンションでは、落雷によるリスクが想定されます。

落雷によって、コンセントにつないでいた液晶テレビやパソコンなどがショートして動かなくなった場合は、落雷補償によって保険金が支払われます。

漏水

マンションで多くみられる損害が、水漏れです。

給排水管が壊れて、室内の家財が水浸しになったり、天井や壁紙の張り替えが必要になった場合は、水漏れ補償によって保険金が支払われます。

盗難による盗取・損傷・汚損

最近のマンションはセキュリティ対策がしっかりとしていますが、それでも盗難などによる被害は少なくありません。

また、空き巣によってガラスが割られたり、部屋に傷や汚れがついて修繕が必要な場合も保険金が支払われます。

火災保険の相場

中古マンションの火災保険料は、補償内容や特約を全部付けたフル装備の金額で約15~20万前後が相場です。

専有面積によりますので、広いと高くなります。

最低限の補償にすれば、15万円以下で抑えることもできます。

中古マンションは、コンクリート造りであるため、燃えやすい木造の戸建てよりも比較的安い傾向にあります。

戸建の場合だと、だいたい30万円前後が相場です。

火災保険料を節約するポイント!

火災保険は加入したいけど、なるべく保険料は節約したいという人もいると思います。

火災保険にはいくつかの節約するポイントがあります。

その節約ポイントをご紹介します。

火災保険の補償内容を絞る

火災保険は火災だけではなく、台風や雷などによる損害や盗難など、日常生活に関する損害も補償することができるという説明を先ほどしました。

しかし、火災保険の補償範囲を広くすると、火災保険料も高くなっていきます。

現在の火災保険では、補償範囲を自由に組み合わせることも可能です。

そのため、ご自分にとって必要性のない補償を外したりすることで、火災保険料を節約することができます。

割引制度を活用

一部の火災保険会社には、独自の割引制度を設けているところがあります。

たとえば、オール家電住宅を対象とした「オール家電割引」や喫煙者がいない人を対象にした「ノンスモーカー割引」などがあります。

このような割引制度がある火災保険を選ぶことで、火災保険料を節約することが可能です。

長期契約一括払い

火災保険の契約期間は、1年~10年の間で、地震保険は1年~5年の間で決めることができます。

その火災保険会社でも長期間契約することで、長期割引制度が適用されるのです。

また、火災保険料の支払いも契約期間分を一括で支払うことでも割引されます。

そのため、火災保険の期間を最長10年で契約し、保険料を一括で支払うことで大きく節約することが可能になるわけです。

一括で支払うのが厳しい時には、月々払いがありますが、総支払額は高くなります。

まとめ

いかがでしたか。

今回は、中古マンション購入時の火災保険について説明しました。

中古マンション購入時に火災保険は必要なのか、火災保険の補償内容、また、火災保険の節約するポイントなどについて解説してきました。

今回の記事で分かったことは、中古マンションを購入し、長く安心して住み続けるためには万が一の備えが必要だということ、また、火災保険には、火災保険をベースにいろいろなオプションを付けることができるということです。

また、補償内容は、ご自分に合った最適な条件に合わせて必要なものを選ぶことをおすすめします。

仲介手数料最大無料・最低でも半額のお住まい探し

結エステートなら仲介手数料が「無料」または「半額」でお得に不動産売買が可能です!

物件を不動産会社の仲介で購入または売却するときには通常、物件価格の3%+6万円の仲介手数料が発生することを知っていますか?

数千万の金額で取引される不動産の売買では、どうしても仲介手数料も高額になりがちです。

更に仲介手数料は不動産を売却するときにもかかります!!

現在、お住まいを探している方・売却を検討している方はご相談ください。


実際にどれくらい安くなるのか・仲介手数料の仕組みは下記からご確認ください。

板橋区周辺のマンション売却はお任せください

当社は、お客様ファーストの考えでしっかりお話を伺い、お悩みを解決いたします。

売却の理由は、住み替えや相続、ローンでのお困りごとなど様々だと思います。

しっかりお話を伺った上で、満足していたいただけるように最適なご提案を致します。

すでに売却活動中の方やこれから売却を考えている方、まずはご相談ください。


詳しくは、売却専用HPをご確認ください。