BLOG

中古マンションの購入時の注意点!良いマンションを選ぶためのチェックポイント!

近年、中古マンションの人気が高まっています。

中古マンションは新築マンションと比べ、価格の面や物件の豊富さがあります。

そして立地の面など、良い場所を抑えているマンションが多く、さらにリノベーションやリフォームして手を加えれば新築同様に住むことなどのメリットもあります。

しかし、どうしても「中古」であるという不安は、誰もが少なからず持っています。

そこで今回は、中古マンション購入時の注意点をご紹介します。

築20年以上の物件がおすすめ

まずは、物件の築年数をチェックしましょう。

築年数で物件価格も異なります。

中古とは、新築を誰かが購入した時点で中古となります。

鍵を回した時点で資産価値は下がり、一般的には約2割ほど下がるといわれています。

その後も価値は下がり続け、約20年で価値は安定し、30年経ったら、ほぼ変わらないといわれています。

つまり、「築20年以上の物件」を選べば、資産価値の変動はほとんどないです。

築年数が浅い物件で中古のものは価値が下がっていく可能性が高いので、20年以上の物件をおすすめします。

リフォーム前、リフォーム済み、どちらを選ぶ?

最近では、中古マンションでもリノベーション済みの物件が多くなってきています。

リノベーション済みの物件は、物件価格にリノベーション代が上乗せされているので、同価格の中古マンションよりも価格は高くなります。

ただ、業者を手配する手間が掛からず、室内は新築同様なので、人気があります。

しかし、最近では、「自分でリノベーションやDIYをしたい」というニーズも増えています。

購入した物件を自分の好みにしたいと思っている人にとっては、リフォーム前の物件も見逃せません。

中古マンションの物件情報を見る際には、リフォーム前なのか、リフォーム済みなのか、購入価格を見て確認してみましょう。

適正価格なのかチェック

中古マンションの価格をチェックする際、その物件の価格だけを見て判断してはいけません。

必ず購入を検討しているエリアの相場を調査し、適正価格と比較して、高いか安いかを見極めましょう。

相場より安い物件は、「借地権」、「オーナーチェンジ」の物件など、なんらかの理由であることが多いです。

高いには高いなりの、安いには安いなりの理由が必ず存在します。

公開されている物件情報は必ずしも完璧ではありませんので、仲介業者や売主に疑問点を投げかけることを忘れずにしましょう。

マンションの管理状態をチェック

先ほど、リノベーションやDIYで自分の好みにするとお伝えしましたが、変更が不可な箇所もあります。

それがマンションの管理状態や共用部分です。

マンションの購入を決める場合、実際にマンションを見ることになるはずです。

その際に、共用部分の管理状態を必ずチェックしましょう。

・掃除が行き届いているか(特にごみ収集場所などをチェック)
・電球など備品の交換はされているか
・ガラスや壁の汚れ、ヒビなどの目立つ修繕箇所がないか

自主管理マンションは、場合によっては、住宅ローンの借り入れ、融資を受ける際に不利になってしまうこと可能性があるので特に注意が必要です。

「重要事項調査報告書」を確認

重要事項調査報告書には「使用目的」「管理費と区分」「管理組合の取り決め」などが記載されています。

マンションの品質を保つうえで、最重要になってくるのが修繕です。

修繕の履歴や積立金の積み立て状況など、しっかりと事前に確認しましょう。

修繕積立金を売主または管理組合が滞納していると、購入直後に修繕積立金の支払い責任が発生する場合もあります。

小規模な修繕から大規模な修繕まで時期、支払い状況を確認するべきです。

まとめ

いかがでしたか。

ここまで、中古マンションの購入時の注意点をご紹介しました。

新築と中古のマンション、どちらが人気といえば、やはり新しいマンションの方が人気は高いです。

しかし、中古マンションも侮ってはいけません。

リノベーションやリフォームによっては、新築なみに見違えるほどになり、加えて他のマンションとは違った工夫もできます。

もちろん、予算などもありますが、10年、20年後の生活も考えなければなりません。

新築には新築の、中古には中古のマンションの特徴があるので、注意点をチェックして、中古マンション購入時の参考にしてください。

仲介手数料最大無料・最低でも半額のお住まい探し

結エステートなら仲介手数料が「無料」または「半額」でお得に不動産売買が可能です!

物件を不動産会社の仲介で購入または売却するときには通常、物件価格の3%+6万円の仲介手数料が発生することを知っていますか?

数千万の金額で取引される不動産の売買では、どうしても仲介手数料も高額になりがちです。

更に仲介手数料は不動産を売却するときにもかかります!!

現在、お住まいを探している方・売却を検討している方はご相談ください。


実際にどれくらい安くなるのか・仲介手数料の仕組みは下記からご確認ください。

板橋区周辺のマンション売却はお任せください

当社は、お客様ファーストの考えでしっかりお話を伺い、お悩みを解決いたします。

売却の理由は、住み替えや相続、ローンでのお困りごとなど様々だと思います。

しっかりお話を伺った上で、満足していたいただけるように最適なご提案を致します。

すでに売却活動中の方やこれから売却を考えている方、まずはご相談ください。


詳しくは、売却専用HPをご確認ください。

不動産物件検索システムで効率よく検索

物件数常時20,000件以上がご紹介可能です。

プロが利用する不動産物件検索システムがいつでもスマホ・PCから見れます。

物件情報は毎日更新、値下がり速報をお届けいたします。

希望条件を登録するだけで、条件にマッチした物件が販売になったら、お知らせいたします。

購入の方だけでなく、売却の方も相場観を養うのに最適です。


詳しくは、下記から確認してください。