BLOG

夢のニュータウン?光が丘パークタウンについて調べてみた!

東京ドームの40倍。

東京都練馬区と板橋区をまたがる、いわゆる「ニュータウン」、都心近くに現れる一大公園都市である光が丘パークタウンです。

戦後つくられたこの街は、光が丘公園を中心に街の景観や住棟が配置されていて、利便性、住環境、都心へのアクセスという3拍子が全て揃った場所です。

分譲、賃貸戸数12,000戸、人口36,000人、23区最大のスケールにふさわしい、緑豊かな公園都市です。うち4,387戸が分譲住宅として供給されました。

ショッピングセンター、ホテル、美術館など文化の香り高い街として人気です。

そこで、この記事では、光が丘パークタウンについて、ご紹介します。

光が丘とは?

光が丘は、練馬区北部に位置する新興住宅地と公園の総称です。

1991年に都営12号線が開通し、始発の「光が丘」駅から新宿まで直結するようになり、交通利便性が格段に上がりました。さらに2000年には都営大江戸線が完成し、都心の各拠点と結ばれるようになりました。

多くの団地が建ち並び、中心部には光が丘駅、ショッピングセンターIMAがあります。

団地内に多くの公園が点在し、光が丘駅北側には都立光が丘公園が位置します。

都営地下鉄大江戸線が全線開通してからは新宿・青山・六本木・汐留・大門などの都心部へも電車一本で行けるようになりました。

南北方向に長大な区域のため、居住区域によって利用可能な駅は異なります。

光が丘駅を中心に、大江戸線の練馬春日町駅、東武東上線の成増駅・下赤塚駅、東京地下鉄有楽町線・副都心線の地下鉄成増駅・地下鉄赤塚駅・平和台駅、西武池袋線の練馬高野台駅が徒歩・バス等で利用可能です。

また、大江戸線の光が丘駅が最寄の方は国際興業バス練馬営業所が光が丘駅より平和台駅経由池袋駅東口行のバスを運行しており、池袋駅およびその先の副都心エリアへは必ず乗換を伴う事から、それらを嫌う住民が多く利用しています。

光が丘パークタウンとは?

光が丘パークタウンは1983年から入居が開始されています。

団地といえば、階段室型の低層か、せいぜい中層どまりの建物というイメージですが、80年代以降の団地では、14階建ての高層建築や20階を越えるタワーもみられるようになりました。

光が丘パークタウンの分譲住宅は5階建てから25階建てのタワーまで、さまざまなバリエーションの建物が供給されています。

新耐震基準マンションで、周辺環境の良さから非常に人気があり、流動性が高く、最近ではリノベーションされた住戸もよく販売されています。

光が丘パークタウンは、大きくわけて「光が丘エリア」と「赤塚エリア」に分かれています。

光が丘駅エリアは、その名の通り都営大江戸線光が丘駅が最寄り。始発駅かつ、ラッシュ時は、3分おきに運行しているので座って都心までいくことができます。これは大きなメリットですね。

一方、赤塚駅エリアは、東京メトロ有楽町線・副都心線の地下鉄赤塚駅、そして東武東上線の下赤塚駅が最寄り。池袋、銀座、渋谷や横浜などへ行く方は一本で行くことができて便利。

街の特徴は、光が丘エリアと赤塚エリアで大きく異なります。

では、それぞれ、見ていきましょう。

光が丘エリア

「光が丘公園」の南部にあるのが光が丘エリアです。

このエリアには高層の団地がたくさんあります。

そびえたつ白い団地、黄色いイチョウ、青い空。

もともとは戦後に米軍の住宅地として使われていた光が丘。当時は「グラントハイツ」と呼ばれていたこの場所が、昭和56年から一斉に周辺の整備が開始され、小、中、高校が15校、公団、公社、都営住宅12,000戸、都内有数の大団地となりました。

ニュータウンとして開発された街なので、街そのものがとても整備されています。

駅を出てすぐ目に飛び込むのは、多機能複合型ショッピングセンター、「IMA」。

中にはスーパーや衣料品店、生活雑貨、銀行等、暮らしに必要なものはほぼIMAの中で揃います。

街の中心は東京ドーム約13個分の光が丘公園。

光が丘の中心的存在は、なんといっても光が丘公園。

東京ドーム約13個分もの面積を誇る、都内でも有数の公園で、春には1,000本の桜が咲き誇り、秋には銀杏並木が黄色い絨毯をつくります。

6ヘクタールに及ぶ広大な芝生広場、約2.4ヘクタールの区域に池・州浜・樹林・草地を配置した「バードサンクチュアリ」、炊事棟があるデイキャンプ広場、バーベキュー広場など、施設の充実ぶりもすごいです。

野球場、体育館、図書館、プール、テニスコート、壁打ちテニス練習場や、通路ににょっきっと生えているようなバスケットコートがあり、遊び方は自由自在です。

平日は子どもを連れて芝生広場でピクニックを楽しんだり、学校帰りの子どもたちがバスケットコートでスリーオンスリーをしたり、定年後のおじいさんがウォーキングやテニス壁打ちをしています。

休日はバーベキューや芝生広場でのヨガ教室など、そこかしこに豊かな空間が生まれています。

ゆりの木通り北から、徒歩5分ほどで光が丘公園へ行けます。

団地から近いので、まるでお庭のようにこの光が丘公園を使うことができます。都心に暮らしながらも緑に囲まれた穏やかな暮らしができそうでワクワクします。

赤塚エリア

赤塚エリアは、「光が丘パークタウン ゆりの木通り北」、「光が丘パークタウン ゆりの木通り33番街」、「アーバンライフゆりの木通り東」、「むつみ台」の4団地を含むエリアのことです。

いずれの団地も東京メトロ有楽町線・副都心線「地下鉄赤塚」駅が最寄り駅です。

赤塚駅付近は光が丘駅と対照的です。

ニュータウンの開発が入っていないので、駅もコンパクトで落ち着いた街並みが残っています。

一本裏道に入ると小さなパン屋さんのようなこだわりのお店が点在しています。下町っぽさも残る赤塚エリアは、顔が見える距離感で暮らせそうですね。

また、2018年12月、URが地域医療福祉拠点化の取り組みを一体的に進めている赤塚エリアにある「光が丘パークタウン ゆりの木通り北(東京都板橋区)」内に、「MUJI com 光が丘ゆりの木商店街」がオープンしました。

店内には「MUJI com」初の試みとして、地域住民の交流の場となるシェアスペースが併設されています。

また、ユリノキ通り団地ではMUJI×UR団地リノベーションプロジェクトが行われていて、暮らしを選択できる楽しさがあります。

光が丘パークタウンは花と緑の公園都市

光が丘パークタウンは緑と花の街、光が丘にはたくさんの公園がありますので、ご紹介します。

光が丘公園

都立公園で5番目の大きさ(60,767,505m2)、災害時の広域避難地域にも指定されています。

東京都発表の避難計画人口は291,000人です。

公園には、温水プールのある体育館、陸上競技場、テニスコート、野球場、バードサンクチュアリー等や区立光が丘図書館があります。


四季の香公園

バラ園・ハーブ園が見どころです。

花と緑の相談所もあり、ネリマグリーンフェスティバルや園芸教室等は、園芸ファンに大好評です。

東京タワーに似ている遊技施設のある公園は「タワー公園」と親しまれて、子ども達にも大人気です。

春の風公園

ネーミングにふさわしく、春には南北の歩道の両側には桜が咲き乱れ、桜のトンネルを作ります。

夏には南北に渡り小川が流れ、子どもたちの遊び場になっています。

ぐるぐる公園、赤砂公園やカルガモやカメ等がいる「かえる池」もあり楽しさや憩いを与えてくれます。

夏の雲公園

いちょう並木は、秋には黄色一色になりとてもきれいです。銀杏を拾う人達もちらほらと見かけます。

アスレチックや広い芝生の中央に大きな木が1本ある「のびのび広場」や夏には水の流れる「じゃぶじゃぶ池」では元気な子ども達の声が響きます。

テニスコートもあり、たくさんの方が利用しています。

秋の陽公園

農家の長屋門を再現した門がシンボルです。

水田があり、光が丘の小・中学校の生徒がお米を栽培し、秋には黄金色に輝きます。

最近では、この水田に射水を流す水屋のデザインと塗装をしました。

バッタ公園やあかね雲公園は子ども達の絶好の遊び場です。

まとめ

いかがでしたか。

ここまで、光が丘パークタウンについて、ご紹介させていただきました。

光が丘パークタウンは、大きく分けて「赤塚エリア」と「光が丘エリア」に分けられます。

それぞれのエリアには、多くの団地などが点在しており、多くの公園もあります。

保育園・学校・学童クラブも各団地からほとんど車道にぶつからずに学校に行ける子育て安心の光が丘パークタウン。

光が丘の保育園、幼稚園、小学校、中学校、学童クラブは本当に充実していて、働いている方にも強い味方の教育環境は都内でも評判です。

光が丘パークタウンの雰囲気伝わったでしょうか?

光が丘パークタウンは、緑豊かな公園都市、光が丘パークタウン、とても魅力的な街です。


ご購入・ご売却を検討している方は、下記よりお問合せください。

■ご購入を検討の方へ (売り出されたら教えてほしい)

■ご売却をお考えの方 (無料売却査定)

仲介手数料最大無料・最低でも半額のお住まい探し

結エステートなら仲介手数料が「無料」または「半額」でお得に不動産売買が可能です!

物件を不動産会社の仲介で購入または売却するときには通常、物件価格の3%+6万円の仲介手数料が発生することを知っていますか?

数千万の金額で取引される不動産の売買では、どうしても仲介手数料も高額になります。

更に仲介手数料は不動産を売却するときにもかかります!!

現在、お住まいを探している方・売却を検討している方はご相談ください。


実際にどれくらい安くなるのか・仲介手数料の仕組みは下記からご確認ください。

板橋区周辺のマンション売却はお任せください

当社は、お客様ファーストの考えでしっかりお話を伺い、お悩みを解決いたします。

売却の理由は、住み替えや相続、ローンでのお困りごとなど様々だと思います。

しっかりお話を伺った上で、満足していたいただけるように最適なご提案を致します。

すでに売却活動中の方やこれから売却を考えている方、まずはご相談ください。

詳しくは、売却専用HPをご確認ください。