BLOG

知っておきたい中古マンションの不動産購入・立地選びのポイントとは!

人生の中でも最も大きな買い物とも称されることもある不動産の購入。

そんな大きな購入において知識は十分なのか、不安を抱えている方も多いと思います。

中古マンションを購入する際のポイントには色々ありますが、その中の一つが「立地」です。

中古マンションを選ぶ際の重要なポイントとなります。

立地が悪いと資産価値はもちろん、日々の生活にも大きな影響を及ぼします。

また、将来売却する際にも費用的に大きなリスクとなるので、立地状況は、中古マンションの選び方の一つとして重視したいところです。

中古マンションを購入するということは、その立地や周辺環境も一緒に買うということになりますから、住んでから後悔しないように、事前にしっかりと確認しておきたいものです。

今回は、知っておきたい、中古マンションの不動産購入、立地選びのポイントなどをご紹介します。

立地条件の優先順位とは?

駅の近くに住みたい、周辺に緑が多く安心して子育てができる、立地を考えるニーズは人それぞれです。

ファミリー、シニアなどライフステージによっても選び方のポイントや条件は変わってきます。

まずは、自分のライフステージ、家族全員のライフスタイルを考えながら、希望の立地条件をリストアップすることから始めましょう。

通勤時間が長い、病院が遠いなど、現在の暮らしに不満を感じている点を考えてみるのも良いヒントになるかもしれません。

立地条件で考えておきたいポイント

・最寄り駅までの時間
・自宅から通勤・通学にかかる時間
・自宅周辺に必要な施設(学校・病院・スーパーなど)

このようなリストができたら、各項目に譲れない条件、妥協できる条件、優先順位を付けながら整理していきましょう。

こうすることで、候補となるエリアを絞ることができ、不動産、物件が見つかりやすくなります。

候補となるエリア、物件が見つかったら、実際に現地に行って、自分の目と足で確認してみましょう。

では、立地条件のポイントを見ていきましょう。

立地条件のポイント

立地のポイントとしては、以下のようなことが挙げられます。

■生活利便性
■交通利便性
■周辺環境
■サービス

では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

生活利便性

その土地で不便なく暮らせるか、生活の利便性については、事前にしっかりと確認しておきたいポイントです。

家族構成や自分のライフスタイルを考えて、暮らしに必要な施設の有無を確認しておきましょう。

■商業施設
スーパー、コンビニ、ドラッグストア、ファミリーレストランなど日常生活に必要な商業施設は、自宅からの距離、店舗の規模、取扱商品、価格水準、営業時間などを確認しましょう。

■公共施設
市役所、区役所、銀行、郵便局、警察、消防など、公共施設がエリア内にそろっているか、また、自宅からの距離なども確認しておきましょう。

■教育施設
お子さんがいる場合、特に確認しておきたいのが、保育園、幼稚園、趙中学校などの教育施設です。
学区や小さなお子さんがいる場合は、待機児童についても確認しておきましょう。

交通利便性

通勤、通学は毎日のこと、交通の利便性もよく確認しておきたいポイントです。

通勤、通学、買い物など日常生活での電車や車などの移動方法なども考えて検討してみましょう。

電車移動であれば、駅までの徒歩圏内のエリアの方が利便性が高いと言えますが、車移動であれば、駅から少し離れていても大きな道路の近くや、広い駐車場が取れる郊外の方が利便性がよいという場合もあります。

通勤、通学は、一般的には、自宅から1時間以内が妥当といわれています。

■最寄り駅までの交通手段
徒歩経路、所要時間、バスを利用する場合は本数、始発、終バスまでの時間までチェックしておきましょう。

■電車関係
乗り入れ路線、会社の最寄り駅からの所要時間、主要ターミナル駅までの所要時間、発着頻度、始発、終電時間、運賃などを確認しておきましょう。

■道路状況
マンションの近隣を走る道路の道幅、交通量などを調べておきましょう。

周辺環境

マンションの周辺の環境も見逃せないチェックポイントです。

周辺環境は、実際に現地に行って周辺を歩いて確認してみましょう。

休日だけでなく、平日や夜なども様子を見に行くと、なおベストです。

また、マンション周辺の治安の状況、周辺で起きているトラブルなどがないかどうかも事前に調べておきましょう。

■注意する施設等
騒音や臭気の原因やゴミ処理場や娯楽施設などについても少し考えてみましょう。
あらかじめ、その存在を知り、自分が気になりそうな施設がないか確認しておきましょう。

以下のような施設は注意する必要があります。

■幹線道路
騒音、排気ガスの影響

■学校
学校のチャイム、校内放送、イベント時などの音、グランドの砂ぼこりなど

■工場
工場の種類によっての騒音、臭気

■ゴミ処理場
ゴミ収集車の出入り、臭気、排煙の影響

■公園
子供の遊ぶ声

また、長く住む場所だからこそ、将来の周辺環境の変化についても確認しておきたいものです。

マンション周辺の都市計画や用途地域などを確認しておきましょう。

用途地域は、土地の用途に応じて建物の規模や高さなどが制限するもので、法的な拘束力があり、将来の変化を予測する目安になります。

住居系の用途地域であれば、規制が厳しいので、大幅に環境が悪化する心配は少ないでしょう。

サービス

自治体によっては受けられるサービスが異なるので、子育て中のご家族は子育て支援が充実した地域、シニア世代は介護支援がある地域などを選ぶのもおすすめです。

公共料金も地域によって差があります。

例えば、水道料金も近隣のエリア同士でも月額1,000円以上違うケースも少なくありません。

場所によって公共料金が違う場合もありますので、事前に確認しておきましょう。

自治体のサービスは、各自治体へ直接問い合わせるか、各自治体のホームページなどで確認することができます。

まとめ

いかがでしたか。

中古マンション選びで大事になってくる「立地選び」についてのポイントをご紹介しました。

実際に住んだ後に環境が合わなかったとしても、購入後はなかなか住み替えができません。

物件を探していると、どうしても室内や建物ばかりに目が行きがちですが、周辺環境は簡単に変わることはありません。

立地について、購入前にしっかりとチェックしておきましょう。

仲介手数料最大無料・最低でも半額のお住まい探し

結エステートなら仲介手数料が「無料」または「半額」でお得に不動産売買が可能です!

物件を不動産会社の仲介で購入または売却するときには通常、物件価格の3%+6万円の仲介手数料が発生することを知っていますか?

数千万の金額で取引される不動産の売買では、どうしても仲介手数料も高額になりがちです。

更に仲介手数料は不動産を売却するときにもかかります!!

現在、お住まいを探している方・売却を検討している方はご相談ください。


実際にどれくらい安くなるのか・仲介手数料の仕組みは下記からご確認ください。

板橋区周辺のマンション売却はお任せください

当社は、お客様ファーストの考えでしっかりお話を伺い、お悩みを解決いたします。

売却の理由は、住み替えや相続、ローンでのお困りごとなど様々だと思います。

しっかりお話を伺った上で、満足していたいただけるように最適なご提案を致します。

すでに売却活動中の方やこれから売却を考えている方、まずはご相談ください。


詳しくは、売却専用HPをご確認ください。