BLOG

購入するならどちらがお得?新築マンションVSリノベーション済みマンションを比較!

マンションを買う時に、新築マンションと中古マンション、どちらがいいのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

中古マンションの価格は安そうだけど、新築マンションも捨てがたいですね。

そこで、今回は、そんな物件に悩んでいる方のために、新築マンションと中古マンションのどちらがお得かメリット、デメリットなどを比較してご紹介します。

また、どのようなポイントに注意してマンションを選ぶべきなのかを併せてご紹介します。

新築マンションのメリット・デメリット

日本では特に新築マンションを購入する方が多いです。

未入居・最新の設備があって、とても人気があり、メリットばかりに目が行きがちになってしまうのが新築マンションです。

検討する上ではデメリットも理解して、中古マンションなどと比較検討することが大事です。

メリット

・最新の設備
・建物も部屋もキレイ
・住人同士が仲良くなりやすい

新築のメリットは、最新の設備で住み心地が良いことです。

また、当然のことですが、誰も住んでいないので、建物も部屋もキレイで清潔な状態だということも魅力の一つです。

また、住み始めたのも同じ時期なので仲良くなりやすく、ご近所トラブルも招きにくいということもメリットの一つといえるでしょう。

都心では駐車場を100%用意しているマンションは少なく、車を所有している方はマンション内の駐車場を借りやすいメリットもあります。

また、日本は新築をブランド化しているということがあるので、新築というブランドこそが最大のメリットであるといえます。

では、新築マンションのデメリットについて見ていきましょう。

デメリット

・中古に比べると価格が高い
・買ってすぐ中古になるので、価格が下がる
・選べるエリアが限られる

新築マンションのデメリットは、価格の高さが挙げられます。

先ほどもお話ししましたが、日本は新築がブランド化しているので、中古に比べると価格が圧倒的に高いということが最大のデメリットです。

その為、新築マンションを検討するために、希望のエリアから郊外へ検討エリアを広げざるえないこともあります。

また、購入後はすぐに中古になるので、価格の下落率が高いのもデメリットでしょう。

そして、新築の建つ場所は限られているので、選べるエリアが限られるということです。

エリアが決まっている場合は、同エリアの同時期に新築マンションが販売しているケースは多くないと思いますので、比較検討するには、広いエリアで検討する必要があります。

リノベーション済みマンションのメリット・デメリット

だいたい10年前ぐらいから、リノベーションが認知されるようになってきています。

以前は、中古マンションを購入して、ご自身でリフォームをするスタイルが一般的でした。

最近では、リノベーション済みの中古マンションも多く販売されています。

室内が新築同様で、価格がやすくメリットが多く思えますが、デメリットもありますので、しっかりと把握して検討することが大事です。

メリット

・中古なのに、室内は新しい
・すぐに入居できる
・事前に近所のコミュニティを確認できる
・物件数が多い

リノベーション済みのマンションは、「再販物件」と呼ばれ、販売前に新築同様の内装に近づけるための工事を行っているため、「前に住人の生活感を感じる」というストレスもありません。

また、販売価格はリノベーションの費用を含めても新築マンションよりもはるかに割安です。

つまり、お手頃価格で新築マンションのような内装なので、お買い得な物件ということです。

リノベーション済みのマンションなら工事の期間がないので、契約後準備が整えば、すぐに入居できます。

また、新築とは異なり、気になる住人や近所のコミュニティの状況について、事前に確認ができて、管理面でも数年の運用実績が確認できますので、その点については不安も少ないでしょう。

リノベーション済みのマンションの物件数は、新築マンションに比べ圧倒的に多いです。

また、新築マンションの場合は選べるエリアも少ない場合や良い物件でも手が届かない価格や、人気の物件はすぐに完売してしまう事など、条件の合う物件を見つけるのは大変です。

しかし、リノベーション済みのマンションは、希望のエリアがたくさんあり、物件も多いので、妥協することなく選ぶことができます。

希望エリアの新築マンションに手が届かない時や希望エリアに新築マンションが販売されてない時などは、特にお勧めです。

デメリット

・好きなデザインにすることができない
・共用部分(エントランス・廊下など)が古い

購入してからリノベーションする場合は、自分の好きな間取りにしたり、設備を入れたりすることができるので、内装にこだわった住まいづくりができます。

しかし、リノベーション済みのマンションだと、すでに出来上がっているので、すべてを自分の好きなデザインにすることができません。

また、室内は新築同様にリノベーションされてますが、共用部分については古さを感じる方もいるかもしれません。

しっかりと管理をされているか確認しましょう。

新築マンションとリノベーション済みマンションの注意点

新築マンションもリノベーション済みマンションも夫々にメリットとデメリットがあります。

ご自身にメリットが多いほうを選んで検討して頂ければと思います。

ただ、どちらにしろ検討する上で注意して頂きたいことがありますので、こちらでご紹介します。

新築マンション

賃貸物件などを探すときは、インターネットで探してから、実際に現地でその物件を実際に見るというのが一般的ですが、新築物件の場合は、現地で内見できません。

また、新築物件は人気が高いため、完成前に入居者が殺到してしまい、空室がなくなってしまうこともあるので注意が必要です。

完成前の新築物件を選ぶ場合は、ホームページや不動産会社に掲載されている間取り図や完成イメージなど、細かな設備情報等もしっかり理解してから決めるようにしましょう。

最近では、竣工までに完売しない物件もあり、新築でも実際の検討住戸を確認できるマンションもあります。

ただ、完成するのを待ってから検討しようとすると、眺望や陽当りなど、条件が良い住戸が残っていない可能性がありますので注意してください。

リノベーション済みのマンション

気になる物件が見つかったら内見をしますが、内見時にリノベーション箇所について確認することが大切です。

築年数が古い物件については、給排水管をリニューアルしているか確認してください。

マンションの管理については、大規模修繕工事が行われているか、修繕積立金は積み立てられているかは非常に大事なので確認してください。

また、耐震基準を満たしているかを確認しましょう。

耐震基準を満たしていれば、新築同様に住宅ローン控除などの対象になります。

中古物件は、住まいの状況を把握してから購入の判断をするのが望ましいです。

まとめ

いかがでしたか。

ここまで、新築マンションとリノベーション済みのマンションのメリット、デメリット、注意点などをご紹介させていただきました。

マンション購入について、一番大事なことは、「自分と家族が安心して暮らせる物件を選ぶ」ということです。

どちらも、メリット、デメリットはあります。

新築、リノベーション済みのメリット、デメリットを理解したうえで、自分なりの条件に照らし合わせて選ぶ判断をするといいでしょう。

仲介手数料最大無料・最低でも半額のお住まい探し

結エステートなら仲介手数料が「無料」または「半額」でお得に不動産売買が可能です!

物件を不動産会社の仲介で購入または売却するときには通常、物件価格の3%+6万円の仲介手数料が発生することを知っていますか?

数千万の金額で取引される不動産の売買では、どうしても仲介手数料も高額になりがちです。

更に仲介手数料は不動産を売却するときにもかかります!!

現在、お住まいを探している方・売却を検討している方はご相談ください。


実際にどれくらい安くなるのか・仲介手数料の仕組みは下記からご確認ください。

板橋区周辺のマンション売却はお任せください

当社は、お客様ファーストの考えでしっかりお話を伺い、お悩みを解決いたします。

売却の理由は、住み替えや相続、ローンでのお困りごとなど様々だと思います。

しっかりお話を伺った上で、満足していたいただけるように最適なご提案を致します。

すでに売却活動中の方やこれから売却を考えている方、まずはご相談ください。


詳しくは、売却専用HPをご確認ください。