BLOG

中古マンションと新築マンションどっちがいい!?メリットとデメリットを比較検討!

住まい探しをするときに、新築マンションか中古マンションかで悩む方も多いと思います。

最近では、中古マンションを購入して、リノベーションをする方やリノベーション済みのマンションも増えてきていて、中古マンションの人気も上がってきています。

でも、やっぱり新築という方も多くいると思います。

そこで、新築マンションと中古マンションのメリットとデメリットを比較してご紹介します。

中古マンションを購入するメリットとは?

何でも中古より新品の方が良いのは当たり前ですね。

ただ中古を買って生活している人は賢い買い物ができる人だといえます。

結論からいいますと、中古マンションを購入するメリットは沢山あります。

中古マンションとはいえ、決して安い買い物ではありませんのでしっかりとメリット・デメリットを理解し、後悔のない買い物をして欲しいと思います。

中古マンションと新築マンションあなたならどちらが良い?

「買うなら新築!」という方や「中古でも綺麗だから少しでも出費を抑えたい」と思う方もいます。

結構意見は分かれるのですが、あなたならどちらを選びますか?

私は以前まで新築派でしたが、いろんな方の話を聞いて今は中古派になりました。

なぜ中古が良いと思ったのか、中古マンションと新築マンションのメリット・デメリットをまとめたので比べてみましょう。

中古マンションのメリット・デメリット

【中古マンションのメリット】
・価格が安い
・売る際に価格下落幅が小さい
・住宅ローン控除 ※新耐震基準の場合
・不動産所得税の軽減設置がある ※新耐震基準の場合
・購入する時の価格が低いため他に資金を使える

【中古マンションのデメリット】
・仲介手数料がかかる
・固定資産税の軽減設置が無い 
・経年劣化がある

中古マンションは新築マンションと比べ、安価に購入出来るため、初期費用を抑えることによって、家具や家電等に費用を割り当てることができます。

希望エリアの新築に手が届かない場合は、中古マンションなら検討できることもあると思います。

また、物件は既に完成しているので、陽当たり・眺望・通風を確認して検討することができます。

管理状態も数年経っているので、運用状況を確認することがきます。

新築マンションの場合、価格が高いうえに、物件が完成する前に契約をすることが多いので、実際の陽当たり・眺望・通風などを確認することが出来ません。

新築マンションのメリット・デメリット

【新築マンションのメリット】
・住宅ローン控除、固定資産税の軽減設置等がある
・購入時のオプションを自由に選択できる
・最新の設備が導入されやすい
・早い段階なら間取りをセレクトできる

【新築マンションのデメリット】
・価格が高い
・消費税がかかる
・購入前に室内を確認できない
・実際に陽当たり・眺望を確認できない

あまり新築でもメリットは多くはありませんね。

新築マンションの最大のメリットは、前入居者がいないので喫煙とか汚れを一切気にすることなく、気持ちよく住めるといったとこではないでしょうか?

最近では、リノベーション済みのマンションも多くなってきたので、室内は新築同様の物件も多いですが、共用部分は新築マンションだと綺麗でいいですね。

デメリットの室内・眺望・陽当たりの確認も最近では竣工までに完売する物件が少ないので、物件によっては確認して検討できる物件もあると思います。

ただ、新築マンションは基本的に上層階や南向きなど、条件が良いところから販売する傾向があるので、その辺りも考慮するといいと思います。

マンション購入でおさえておきたいポイント

中古マンションでも新築マンションでも購入時には必ずおさえておきたいポイントがあります。

まずは借りるではなく購入ということです。

購入を考えている方は「長く住む」ことを意識して、長い目でエリアを決めて下さい。

購入時の間違いとして、どうしても間取りやマンションの雰囲気で決めてしまいがちですが、マンションよりも自分が住むマンションのエリアに注目しましょう。

室内は、後々リフォームなどで変更が可能なので、変更することが出来ない部分を注目して下さい。

マンションの間取りや雰囲気が良くても、買い物行くのに時間が掛かったり、一方通行で通りにくい、子供の学校が遠い等、あげればきりが無いのですが、長く住むマンションだからこそ意識してほしい部分ではあります。

中古マンションを検討するなら、重要視してもらいたいのが、維持管理や管理組合の意識といった内面と、建物の構造、メンテナンスといった外面の2つのポイントをしっかり把握することが大切です。

誰しも欠陥住宅には住みたくないように、しっかりとメンテナンスがいきわたっているマンションを選びましょう。

新築マンションだからといって安心してはいけません。

その後のメンテナンスがしっかりしていなければいくら新築でも、長くは住めません。

中古マンションでもしっかりとメンテナンスしていれば、新築同様に長く住めるので上記で説明したポイントを確認して“長く住める物件”を探して下さい。

まとめ

いかがだったでしょうか?

中古マンションでもメンテナンスがしっかりといきわたっていれば、築年数を感じさせないマンションもたくさんあります。

都心部では、すでに土地がなく、新築マンションの供給が減ってきています。

その為、中古マンションの市場が注目されてきています。

価格も抑える事が出来て、立地も選べる中古マンションはオススメです。

皆さんには失敗をしてほしくないと思い中古マンションと新築マンションについて書かせてもらいました。

どちらが良いか迷っている方は是非とも参考にしてみて下さい。

中古マンションでも殆ど新築マンションと変わりないマンションもありますので、気になる方は一度中古マンションを見に行くと良いでしょう。

あなたにピッタリな物件が見つかるかもしれません。

仲介手数料最大無料・最低でも半額のお住まい探し

結エステートなら仲介手数料が「無料」または「半額」でお得に不動産売買が可能です!

物件を不動産会社の仲介で購入または売却するときには通常、物件価格の3%+6万円の仲介手数料が発生することを知っていますか?

数千万の金額で取引される不動産の売買では、どうしても仲介手数料も高額になりがちです。

更に仲介手数料は不動産を売却するときにもかかります!!

現在、お住まいを探している方・売却を検討している方はご相談ください。


実際にどれくらい安くなるのか・仲介手数料の仕組みは下記からご確認ください。

板橋区周辺のマンション売却はお任せください

当社は、お客様ファーストの考えでしっかりお話を伺い、お悩みを解決いたします。

売却の理由は、住み替えや相続、ローンでのお困りごとなど様々だと思います。

しっかりお話を伺った上で、満足していたいただけるように最適なご提案を致します。

すでに売却活動中の方やこれから売却を考えている方、まずはご相談ください。


詳しくは、売却専用HPをご確認ください。

不動産物件検索システムで効率よく検索

物件数常時20,000件以上がご紹介可能です。

プロが利用する不動産物件検索システムがいつでもスマホ・PCから見れます。

物件情報は毎日更新、値下がり速報をお届けいたします。

希望条件を登録するだけで、条件にマッチした物件が販売になったら、お知らせいたします。


詳しくは、下記から確認してください。