BLOG

あなたはどちらを選ぶ?マンションの角部屋と中部屋のメリット・デメリットとは!

引っ越しを考えるとき、あなたは何を基準に選びますか。

当然、立地や住みやすさ利便性などいろいろとあると思います。

その中で、角部屋にしようか、中部屋にしようかと迷ったことはありませんか。

引っ越しを考える際に、検討している人の中で、部屋の位置にこだわっている人は、7割もいるそうです。

マンション選びのときに、何かと気になる「角部屋」と「中部屋」。

しかし、それぞれどのような違いがあって、どちらを選んだ方が良いのか、疑問に思っている方も多いと思います。

角部屋と中部屋を比較した場合、多くの方が角部屋を選ぶようですが、角部屋にもデメリットはありますし、中部屋にもメリットはあります。

そこで、今回は、角部屋と中部屋のメリット・デメリットをご紹介します。

角部屋のメリット・デメリットとは?

角部屋は、一般的に人気があり、角部屋限定で探される方もいます。

メリットが多く、デメリットは少ないように考える方も多いかもしれません。

角部屋はメリットだけでなく、デメリットもあります。

詳しく説明していきますので、ご自身の生活スタイルや好みに合うかの参考にしてください。

角部屋のメリット

■日当たりが良い

角部屋に住むうえでのメリットとして一番に挙げられるのが窓の多さです。

隣接している部屋が1つしかないため、角部屋には2面の窓があるケースが多いです。

2方向から光が差し込むため、日当たりが良いのがメリットです。

■通気性が良い

窓が多いので通気性も良くなります。

中部屋には部屋に1面しか窓がないため、空気を入れ替えようとしてもすぐに換気はできませんが、角部屋には2面に窓があるため、すぐに空気を入れ替えることができます。

■隣の音が気にならない

角部屋は、隣の部屋と面しているのが1戸だけなので、2つの部屋に挟まれている中部屋に比べると生活音が少ないということになります。

壁の薄いアパートやマンションなどでは、隣の生活音は意外に響き、気になります。

角部屋のデメリット

■外気の影響を受けやすい

窓が中部屋よりも多くあるため、外気に触れる面積が大きくなります。

そのため、雨の日や晴れの日や夏の日差しの影響を受けやすくなり、冬は窓からの冷気が伝わり寒く感じることもあり、かかる冷暖房費が中部屋よりも高くなる可能性があります。

また、外気の影響を受けやすいということは、冬などの室外が寒い時期に窓が結露しやすいというデメリットもあります。

■家具の配置が制限される

中部屋では、壁になっているスペースも角部屋では窓になっている場合があります。

家具を配置するときは、窓を回避するか窓を塞いで置くしかありません。

また、日当たりが良いため、家具が日に焼けてしまうこともあります。

■物件価格が割高

一般的に角部屋は、中部屋よりも物件価格が高いです。

それは、中部屋よりも部屋が広い、窓があることによって得られる日当たり、風通しなどが価格に上乗せされます。

また、窓を設置する施工費も加算されています。

中部屋のメリット・デメリットとは?

総戸数の大部分を占めるのが中部屋です。

デメリットが多く、メリットは少ないように考える方も多いかもしれません。

実は、そんなことはなく、メリットもたくさんあります。

詳しく説明していきますので、ご自身の生活スタイルや好みに合うかの参考にしてください。

中部屋のメリット

■外気の影響が少ない

外気は主に窓から入ってきます。

両端が他の住戸に囲まれている中部屋は窓が1面しかないので、角部屋よりも冷暖房の効率が良く、夏は涼しく冬は暖かく快適に生活できるというのも大きなメリットです。

■外の音が響きにくい

両端が鉄筋コンクリートの壁に挟まれている中部屋は、外からの騒音が聞こえにくいです。

角部屋も遮音性の高いサッシでも対応はできますが、片面が窓より両面が壁の方が遮音性は高く、角部屋に比べると静かなので、騒音が気になる人には中部屋がおすすめです。

■物件価格が割安

住戸の中でも対多数を占める中部屋の物件は割安なのが一般的です。

専有面積の広めの角部屋に比べ、中部屋の方が安く抑えられます。

中部屋のデメリット

■日当たりが悪い

窓の少ない中部屋は、角部屋よりも光が入らないため、電気を付けないと薄暗くなる時間が多くなるかもしれません。

日が当たる時間が短くなってしまうので、洗濯物が乾きにくいなどのデメリットがあります。

■上下左右からの騒音がある

建物の構造にもよりますが、上下左右からの生活音や騒音が聞こえてくる場合があります。

また、自分も音を立てないような生活を心がける必要もあります。

■部屋の前を人が通る

中部屋は、他の部屋の人がエレベーターや階段を行き来する場合や自分の部屋より奥に住んでいる方は、自分の部屋の前を通って行かなければならない可能性があります。

頻繁に部屋の前を行き来されてしまい、ストレスに感じることもあります。

まとめ

いかがでしたか。

ここまで、角部屋と中部屋のメリット・デメリットをご紹介しました。

角部屋は、他の住戸に面していない壁側に窓があるため、日当たりや風通しがよく解放感がありますが、外気温に影響されやすく、中部屋よりも価格が割高という面もあります。

全住戸のうち、大多数を占める中部屋は、日当たりや風通しの良さでは角部屋に劣りますが、外からの騒音が聞こえにくく、外気温の影響も少なく、物件価格が割安などのメリットがあります。

つまり、どちらも同じようにメリット・デメリットがあるということです。

一概にどちらが住みやすいと決めることはできません。

あなたは、角部屋、中部屋どちらを選びますか。

角部屋が人気だから、角部屋が日当たりが良いからなど、偏った判断をするのではなく、それぞれのメリット・デメリットを見て、自分に適した部屋を選ぶことが大切です。

仲介手数料最大無料・最低でも半額のお住まい探し

結エステートなら仲介手数料が「無料」または「半額」でお得に不動産売買が可能です!

物件を不動産会社の仲介で購入または売却するときには通常、物件価格の3%+6万円の仲介手数料が発生することを知っていますか?

数千万の金額で取引される不動産の売買では、どうしても仲介手数料も高額になりがちです。

更に仲介手数料は不動産を売却するときにもかかります!!

現在、お住まいを探している方・売却を検討している方はご相談ください。


実際にどれくらい安くなるのか・仲介手数料の仕組みは下記からご確認ください。

板橋区周辺のマンション売却はお任せください

当社は、お客様ファーストの考えでしっかりお話を伺い、お悩みを解決いたします。

売却の理由は、住み替えや相続、ローンでのお困りごとなど様々だと思います。

しっかりお話を伺った上で、満足していたいただけるように最適なご提案を致します。

すでに売却活動中の方やこれから売却を考えている方、まずはご相談ください。


詳しくは、売却専用HPをご確認ください。

不動産物件検索システムで効率よく検索

物件数常時20,000件以上がご紹介可能です。

プロが利用する不動産物件検索システムがいつでもスマホ・PCから見れます。

物件情報は毎日更新、値下がり速報をお届けいたします。

希望条件を登録するだけで、条件にマッチした物件が販売になったら、お知らせいたします。


詳しくは、下記から確認してください。