BLOG

癒しがいっぱい最高の空間?雨の日でも遊べる熱帯環境植物館がすごい!

休日、遠出する時間はないけど、近場で自然を感じたい、そんな方におすすめの穴場スポットが「熱帯環境植物館」です。

まるで、リゾート地のような花や樹木がいっぱい、さらにミニ水族館も併設されているので、楽しさも2倍、また、家族連れにピッタリの場所です。

高島平駅から徒歩5分くらいのところにあるのが、熱帯環境植物館、正式には、板橋区立熱帯環境植物館、(愛称:グリーンドームねったいかん)です。

「高島平」といえば、「MUJI×UR団地リノベーションプロジェクト」が一躍有名になり、若いファミリー層の注目を浴びましたが、巣鴨地蔵通りに続く「第2のおばあちゃんの原宿」ともいわれている街です。

今回は、この街にある「板橋区立熱帯環境植物館」をご紹介します。

熱帯環境植物館の施設の概要

「板橋区立熱帯環境植物館」(愛称:グリーンドームねったいかん)はあ、都営三田線高島平駅から徒歩7分、荒川の河川敷からほど近い場所にあります。

館内は、世界の三大熱帯雨林の中から、日本に最も近い東南アジアの熱帯環境を再現しています。

植栽面積は1,000㎡で、熱帯の高山域の植物がみられる冷室を併せて約700種2,000本の縮物が展示されています。

地階部分には、約100種2,500匹の生物を飼育する「ミニ水族館」も併設。

毎週土曜日には、水族館の「さかなのエサの時間」、日曜・祝日には、館内の生物や植物の解説を聞きながら見学ができる「ガイドツアー」もあります。

2階の喫茶室「クレア」(土・日・祝日・夏休みのみ営業)では、トロピカルジュースやマレーシア料理が味わえます。

熱帯環境植物館の施設の情報

「板橋区熱帯環境植物館」は、学んで楽しい施設です。

植物を展示している温室と冷室、ミニ水族館の3フロアに分かれています。

それでは、施設を詳しく見ていきましょう。

温室

まず、入り口からすぐに温室フロアへ。

一歩踏み入れると、まるでジャングルにいるみたいです。

天井まで高さ20mの空間、その風景は圧巻です。

南国の花の代名詞、ハイビスカスやプルメリアも見られます。

また、様々なハイビスカスがあり、年間を通じてみることができ、ハイビスカスは、咲いたその日に咲き終わってしまうので、どの色のハイビスカスにあえるかは来館してからのお楽しみです。


鉢ではなく、「木」の状態で見れるのは都内でも数えるほどです。

まるで南国に行ったかのような写真が撮れます。


・潮間帯植生(温室)

マングローブやニッパヤシが茂っている様子を間地かに見ることができます。
館内には約700種2,000本の縮物が展示されています。


・熱帯低地林(温室)

潮間帯植生につづき熱帯低地林を再現。
アコウの大木が目にとまります。
母樹を絞め殺して延びてゆく様子が見られます。

冷室

次は冷室、こちらは夏でもひんやりと涼しいといわれる熱帯の産地を再現しています。

霧が舞う神秘的な空間は、温室とはまた違った雰囲気を楽しめます。

マイナスイオンをたっぷり浴びて、とにかく心地いいです。


・雲霧林(冷室)

熱帯の高山植物を展示しています。
ここは冷室となっており、夏は涼しく、人気のコーナーです。
シャクナゲやラン、ウツボカズラの仲間を見ることができます。

ミニ水族館

たくさんの植物に癒されたら、次はミニ水族館へ。

深海や淡水の生きものをダイジェスト的に見ることができます。

中でも気になるのがチンアナゴ、水槽のガラスから、かなり近い距離でひょっこり顔を出して迎えてくれます。

びっくりさせると砂の中にもぐってしまうので、撮影はフラッシュを切って、そーっと撮ってください。

可愛いですよ。


ミニ水族館といっても、カクレクマノミやナンヨウハギ、テッポウウオなど人気の魚がいるので、充実感たっぷりです。

毎週土曜日(※祝日を除く)は、水族館のごはんのじかんを開催しています。

魚たちがごはんを食べるようすを観察することができます。

時間:15:00~(約30分間)

その他の施設は?

企画展示室

熱帯環境や植物、生きものについて楽しく学べる企画展示を年間通じて開催します。

詳しくは公式サイトをご覧ください。

常設展示コーナー

ここでは、熱帯雨林の生態系や人びとの生活、熱帯雨林の破壊と修復の現状を紹介しています。

東南アジアの昆虫標本のジオラマ展示もあります。

図書コーナー

熱帯雨林、植物、園芸、東南アジアに関する書籍などを閲覧できます。

温室を一望できる場所です(貸し出しはしていません)

喫茶室クレア

土・日・祝日は、カレーやガパオライスなどのアジアンフードを、熱帯の森を見渡しながら味わえます。

なお、平日は休憩所として開放しています。

詳細情報

〇住所
東京都板橋区高島平8-29-2

〇電話番号
03-5920-1131

〇営業時間
10:00~18:00(入館は17:30まで)

〇料金
・子ども130円/未就学児:無料
※土曜日・日曜日、区立小学校の夏休み期間は小中学生入館無料
・大人260円/65歳以上:130円
※団体は有料20名以上で1名各50円引き
※障害手帳、愛の手帳などをお持ちの方(大人130円/小中学生・65歳以上60円、付き添い1名無料) 

〇交通アクセス
・電車
都営三田線「高島平」下車、東具cj比より徒歩約7分
・バス
国際興業バス、高島第一中学校下車、徒歩1分、板橋特別支援学校下車徒歩5分
・無料送迎バス
エコポリスセンター・熱帯環境植物館・教育科学館・リサイクルプラザを結んでいます。
・駐車場  
なし
※隣接する高島平温水プールの有料駐車場(19台)をご利用いただけます。
駐車券を受付にお持ちください。40分まで無料となります。それ以降は20分ごとに100円がかかります。

■熱帯環境植物館のHPはこちらをクリック

まとめ

いかがでしたか。

ここまで、板橋区立熱帯環境植物館をご紹介してきました。

熱帯雨林のジャングルのような植物、ユーモアたっぷりで癒される魚たちに囲まれた施設、まるで南国に行ったかのように思い出つくりができますよ。

是非、家族そろって出かけてみてください。

周辺には、無料で遊べる子ども動物園もございますので、セットで足を運んでみてはいかがでしょうか。

■参考記事:無料で動物と遊べる!子ども動物園・高島平分園はどんなところ?

仲介手数料最大無料・最低でも半額のお住まい探し

結エステートなら仲介手数料が「無料」または「半額」でお得に不動産売買が可能です!

物件を不動産会社の仲介で購入または売却するときには通常、物件価格の3%+6万円の仲介手数料が発生することを知っていますか?

数千万の金額で取引される不動産の売買では、どうしても仲介手数料も高額になりがちです。

更に仲介手数料は不動産を売却するときにもかかります!!

現在、お住まいを探している方・売却を検討している方はご相談ください。


実際にどれくらい安くなるのか・仲介手数料の仕組みは下記からご確認ください。

板橋区周辺のマンション売却はお任せください

当社は、お客様ファーストの考えでしっかりお話を伺い、お悩みを解決いたします。

売却の理由は、住み替えや相続、ローンでのお困りごとなど様々だと思います。

しっかりお話を伺った上で、満足していたいただけるように最適なご提案を致します。

すでに売却活動中の方やこれから売却を考えている方、まずはご相談ください。


詳しくは、売却専用HPをご確認ください。

不動産物件検索システムで効率よく検索

物件数常時20,000件以上がご紹介可能です。

プロが利用する不動産物件検索システムがいつでもスマホ・PCから見れます。

物件情報は毎日更新、値下がり速報をお届けいたします。

希望条件を登録するだけで、条件にマッチした物件が販売になったら、お知らせいたします。


詳しくは、下記から確認してください。